Actualité du Tohoku

La situation actuelle à Otsuchi
résumé d'un commentaire de Mr Usuzawa ( sinistré et habitant d'Otsuchi, et également Président de Tono Magokoro Net) du 03 juin 2015

大槌町の現状
東京などでは「4年も経っているので、復興が進んでおりますよね」と言う人もいますが、この通り、更地に土を盛った程度です。
今朝も私が住んでいる仮設の人達と会話しましたが、肉体的・精神的に限界の声も聞かれるようになりました。
更に、このままでは仮設住宅が終の住処になるのでは‥という不安感を抱く人も出ております。
戸建ての家を建てたくても建坪が90万円と聞くと「とても手がでない」という声も出ております。
新聞等では、被災地での勢いのある情報が掲載されておりますが実感とはほど遠いと思うのは私だけでしょうか?
この状況を見ると“被災地復興とは何なの”と改めて考えております。

http://www.pref.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/033/256/iwa...

"ICHIEFU (1F)" / いちえふ Un reportage dessiné en manga sur la vie quotidienne des liquidateurs de la centrale de Fukushima...Posted by Solidarité Japon 34 on 2015年5月16日

Voici, les paysages d'aujourd'hui des villes de Rikuzentakata et d'Otsuchi dans la préfecture d'Iwate. ( 4 ans et 2 mois après les grandes catastrophes du Tohoku)Posted by Solidarité Japon 34 on 2015年5月11日

東日本大震災の発生から、今日で4年と1か月です。写真は現在の岩手県陸前高田市と大槌町の様子です。復旧すら、まだ終わっていません。It has been 4 years and 1 month since the 2011 Great...Posted by Solidarité Japon 34 on 2015年4月10日

ça fait 4 ans... Il y a encore des zones où l'étape de reconstruction n'a même pas commencé...Posted by Solidarité Japon 34 on 2015年3月10日

Vous pouvez suivre ces 4 ans passées à Rikuzentakata grâce à ces images...Posted by Solidarité Japon 34 on 2015年3月7日

X
Association Solidarité Japon 34でのユーザー名を入力してください。
パスワードを入力してください。
読み込み中